山形の成長発展に寄与する山形銀行

山形銀行の資産運用商品

山形銀行の資産運用商品としては、定期預金や積立型定期預金、外貨預金などの預金商品の他、投資信託や公共債、投資信託と定期預金を組合わせた商品や退職金の運用プランなどがあります。

山形銀行では資産の運用を考えている人に向けて、生活を守るための資産づくりの必要性や、住宅や教育・老後などライフプランを実現するための資金の準備方法、そして投資の基本や投資方法、運用の仕方などを大変丁寧に解説しています。

最近人気の高い投資信託とは、個人投資家の資金を専門家が株式や債券、不動産などに投資し、運用する金融商品です。株式投資や債券投資にはまとまった資金が必要となりますが、投資信託は1万円程度の少ない金額からでもスタートすることができます。投資家は好きなファンドを山形銀行から購入するだけで、あとは高度な知識や技術を持つ投資のプロが運用の代行をしてくれるので、初心者でも手軽に始められます。また、リスクを回避するために複数の商品に分けて投資する分散投資も可能です。

山形銀行の「チェリーファイル」は、株式投資信託の購入と同じ日に3ヶ月ものの定期預金の預入をすると、定期預金の金利が上乗せされる資産運用のセットプランです。退職金を運用するプランとしても高金利の定期預金の他、「チェリーファイル 退職金プラン」があります。どちらも定期預金の金利はインターネット専用銀行なみの高金利です。

山形銀行では、毎月預金口座からの自動引落しで金地金を購入し積み立てていく、金投資「やまぎん 純金積立」を行っています。金は景気に左右されることがなく、国が破産して紙幣が紙くず同様になっても価値は変わりません。利息や配当はありませんが、安定した財産としての価値がある商品といえます。積み立てた金はいつでも引出しや売却ができ、ジュエリーなどとの等価交換も可能です。