山形の成長発展に寄与する山形銀行

山形銀行の人材育成

山形銀行は地域の金融機関として、地域社会と経済の発展に貢献する大きな役割を担っていると考えています。そして行員一人一人が地域やお客様のニーズに的確に応えられる金融のプロフェッショナルであることが、企業としての成長発展には不可欠であるとして、人材の育成には大変力を入れています。

山形銀行では、その長期経営計画の中でも「人財力の向上」を重点課題として取り上げ、長期的視野で教育環境整備にあたるため、人事総務部内に専任の人材教育担当者を設置しています。そして高い専門性と実践力のある人材を育成するために、「自己啓発支援」「企業内での職業教育(OJT)」「社外研修(OFF・JT)」を3本の柱として、多様な育成プログラムを実施しています。

山形銀行では、自分なりの目標をたてて通信講座などで様々な業務知識を習得し、検定試験で各種資格を取得することを奨励しています。実際に口座を終了したり資格を得た行員に対しては、奨励金を出すなど積極的な自己啓発支援を行っています。また、より専門的な知識の習得や資格を目指す行員を対象に休日セミナーを実施しています。

山形銀行では、入行するとすぐにビジネスマナーや銀行業務に関する基礎的な知識の習得などを目的に新人行員研修があります。その後営業店に配属されて、各上司や先輩からの支援を得ながら、実務知識や実践力を身につけていきます。また、中堅社員や管理職を対象にした各種行内研修、地方銀行協会や大手銀行など他金融機関での行外研修、海外研修などがあり、マネジメント力や問題解決能力の向上を目指します。さらに様々な研修への応募制度もあります。

また山形銀行では、女性だけでなく男性も含めて仕事と家庭の両立を支援しています。自宅に居ながら銀行の情報が取得できる「やまぎん ホームラーニング」を提供するなど、育児休職中の情報提供や学習支援体制の充実を図った結果、平成27年には子育て支援企業として、全国初となる「プラチナくるみん」の認定を受けています。