お客様目線で地域に貢献する沖縄銀行

沖縄銀行の預金商品

沖縄銀行の預金商品にはまとまった資金を有効に運用する定期預金、コツコツ確実にためていく貯蓄預金や積立定期預金や財形預金などがあります。また、インターネット支店「美ら島支店」でも定期預金を扱っており、全国から利用できます。

沖縄銀行にはスーパー定期や大口定期の他にもユニークな名前の商品があります。新型定期預金「未来カナイ」は満期日まで解約しないのが原則です。中途で解約すると金利が低くなる分、満期まで預けることで高金利が期待できる預金です。「すぐれもの21」は定期預金なのに一部解約が何回でもできる預金です。預入期間は3年と5年の2種類だけですが、利息は6ヶ月ごとの複利で計算するので長く預けた方がお得な商品です。

沖縄銀行では預入期間を決めず都合に合わせて貯めていける預金もあります。「新型貯蓄預金」は1円以上から随時預けられ、普通預金のようにいつでも出し入れができて便利です。預入は窓口で入金伝票に記入して預入れる他に小切手や為替も利用できます。残高を10万円未満から5段階に区分してそれに応じた金利が適用されます。積立定期預金「あゆみ」は、普通預金から毎月自動振替で積立てていきますが、窓口で随時預入れることもできます。3ヶ月分をひとつにまとめて定期預金にしていく預金で、必要な時は一部引出しもできます。

また、沖縄銀行の財形預金は、給料やボーナスからの天引きで無理なく貯めていける商品です。何にでも使える一般財形預金、住宅資金のための財形住宅預金、個人年金として利用できる財形年金預金の3タイプがあります。また、沖縄銀行で特徴的なのは、地方銀行では珍しく信託業務を行っていることです。個人が預けた資金を銀行が運用し、得た利益をまたお客様に還元する商品で、資産運用プランのひとつとして活用できます。中でも教育資金贈与信託「みらい応援」は、祖父母からの子供や孫への教育資金贈与税が非課税となる税制改定に応じた商品です。